Aberration:”Pt”

Aberration:”Pt”

(CD version – bilingual mix)

Amazon (.com) (.de) (.jp) (.it) (.fr) (.uk) | diskunion(JP) | HMV(JP) | TOWER RECORDS(JP)

 

Aberration:”Ag”

Aberration:”Ag”

(download edition in English)

iTunes | Amazon MP3 (.com) (.de) (.jp) (.it) (.es) |
mora | music.jp | MySound | レコチョク

 

Aberration:”Ag”

Aberration:”Au”

(download edition in Japanese)

iTunes | Amazon MP3 (.com) (.de) (.jp) (.it) (.es) |
mora | music.jp | MySound | レコチョク

 

Akashic

Akashic

iTunes | Amazon MP3 (.com) (.de) (.it) (.es) | Amazon(JP) | diskunion(JP) | HMV(JP) | TOWER RECORDS(JP)

 

Astrolabe In Your Heart

Astrolabe In Your Heart

iTunes | Amazon MP3 (.com) (.de) (.it) (.es)

 

Aurora

Aurora

iTunes | Amazon MP3 (.com) (.de) (.it) (.es) | Amazon(JP) | diskunion(JP) | HMV(JP) | TOWER RECORDS(JP)

Astrolabe in your heart

SOLD OUT!

星の光を纏った幻想綺譚が今、君の胸に届く…。古より語り継がれた「神話」が、未来へと紡がれる…光り輝く星々を散りばめた、メロディアスかつシンフォニックな「珠玉の物語」。1stフル・アルバム、遂に降臨!
在庫がある商品は、ディスクユニオンディスクヘブンHMVTOWER RECORDSをはじめ、全国のHR/HMインディーズ取り扱い店の店頭や通販、amazonレーベルの通販でもご購入いただけます。 店頭にない場合は、「アーティスト名(ANCIENT MYTH)、作品タイトル、品番、価格」を店頭でお伝え頂くと、取り寄せてもらえます。

 

Awake to the NEXT MYTHAkashicAstrolabe in your heartAuroraAntibes

Demo CD-R, DVD-R etc… “Others”>>

 

Astrolabe in your heart BLRC-00039 / ¥2,500 (incl. tax)
廃番商品につき、再版はありません。 <Sorry, Sold out!>
Recording Member : Vo. Michal / Gt. YURI / Ba. Naoki / Key. 紗蝶 / Dr. MITTU
<収録曲>

1. Culmination
2. Astrolabe In Your Heart
3. 遠望のアシェン・ライト
4. ラズベリルに輝く瞳
5. Mortal Heaven
6. ヴァルプルギスの揺籠
7. Canis
8. Elemental Desire
9. LINK
10. unlaced:emergence

全曲クロスフェードはこちら

PV

youtubeにてPV「Astrolabe In Your Heart」完全版、
myspaceyoutubeにてPV「Astrolabe In Your Heart」ショート・バージョン公開中!

作曲者による楽曲解説

 

1. Culmination

(Music : 紗蝶)

まず「Astrolabe In Your Heart」が先に完成して、その序曲、そしてアルバムのプロローグとして相応しい曲を…ということで書いた曲です。「Astrolabe In Your Heart」の主題に当たる部分を取り入れつつ、自分なりの「不思議な雰囲気」と絡めてみました。途中で転調しますが、その部分は「このアルバムの入り口です」というアピールです。

2. Astrolabe In Your Heart

(Music : YURI / Lyrics : Michal)

今までにはない「純粋なメロスピ!」という感じの曲ですが、アンサンブルはシンプルに抑えつつ、歌メロにはANCIENT MYTHらしさを残せたと思います。聴きどころはサビのバックのオーケストレーションとソロですね。ギター・ソロの出だしは無調律な感じが出せたと思っています。イントロや間奏などに入っているクワイアは、Michalのアイディアです。参加していただいたMinstreliXのLeoさん、天狗櫻の百合さん、六合の積田さん、ありがとうございました!

3. 遠望のアシェン・ライト

(Music : YURI / Lyrics : Michal)

ミドル・テンポで展開が多く、全体的に忙しい曲調ですが、現在のメンバーの力量が見えてきた頃に作ったということもあり、各パート毎に見せ場を設けてみました。同じく自分が書いた「Astrolabe In Your Heart」とは対照的な位置にある曲です。歌が4セクションありますが、それぞれが違う雰囲気を出せたのではないかな、と。聴きどころはギター・ソロ→サビのキメ!

4. ラズベリルに輝く瞳

(Music : Naoki / Lyrics : Michal)

他のメンバーが作ってくる曲が4拍子ばかりだったので、3拍子も必要だと思い、作った曲です。イントロは暗いのですが、サビは希望が見えてくるような展開になっています。歌詞もそんな曲調に合わせて、希望が見えるものを書いてもらいました。「ラズベリル」というのは、近年発見された新種の宝石「ペツォッタイト」のコマーシャル・ネームで、ピンク味の強い赤のベリルなんだそうで、全アルビノの少女の赤い瞳を宝石に例えた内容になっています。

5. Mortal Heaven (Music : 紗蝶 / Lyrics : Michal)

この曲は、「Astrolabe In Your Heart」や「Elemental Desire」と同様に、「疾走曲を作ろう!」とみんなで決めた時に作った、私なりの疾走曲です。「これぞシンフォニック・メタルの真髄」と呼べるような曲になるよう、壮大かつ華麗に仕上がるように書きました。バンドの背後にオーケストラが構えている姿を思い浮かべていただけたら嬉しいです。

6. ヴァルプルギスの揺籠

(Music : YURI / Lyrics : Michal)

重く哀しい雰囲気の曲を作りたくて書いた曲です。MITTU、Naokiと共に以前在籍していたバンド:Lamentglace(現在は解散)の頃に作った曲なのですが、本作収録にあたって、よりメタル的にアレンジをしてみました。サビのメロディーはややオクターブ域が広いのですが、哀愁に溢れながらもキャッチーに仕上がったと思っています。雰囲気重視の曲なので、歌詞の情景を思い浮かべながら聴いて欲しいです。ギター・ソロはメロディーとコード感のバランスのとれた良いソロになったと自負しています(笑)。

7. Canis

(Music : Naoki / Lyrics : Michal)

前作=マキシ・シングル『Aurora』のレコーディングが始まる時期より以前からライヴでは演っていた曲で、アルバムを作る時には収録しようと考えていました。今回の収録にあたり、「enyaのような、アカペラを多重録音したコーラスを入れよう」というアイデアが出たり、イントロにSE的な部分を導入したりと、この曲が持つ「独特の暗さ」に説得力やドラマ性が加わったように思います。楽曲的にはバロックの要素を取り入れています。Bメロのリフは個人的にかなりグっとくるのですが、如何でしょうか?

8. Elemental Desire

(Music : MITTU / Lyrics : Michal)

アルバム制作開始時に「疾走曲を持ち寄ろう」ということになり、全員で持ち寄ったのですが、僕がその時に書いたのがこの曲です。「クラシカル+疾走メタル」ということで、自己満足的な部分が出てしまいましたが、リズムの遊びを取り入れたイントロや、異国情緒を醸すピアノ・ソロは特に聴いてほしい部分です。

9. LINK

(Music : Naoki / Lyrics : Michal)

この曲は「Canis」を書いた直後に作ったこともあり、「Canis」の暗さを継承しています。今までANCIENT MYTHにはバラードがなかったので、当初はバラードを目指しましたが、Michalが裏メロ(ソプラノVoが歌っている部分)を思い付いたあたりから少し方向性が変わり(笑)、最終的にはロック・オペラのような仕上がりになりました。ソプラノをSincerity GreenのMichiさんに歌ってもらったことで、Michalの歌唱との対比が出て、一層深みが増したと思います。

10. unlaced:emergence

(Music : MITTU / Lyrics : Michal)

ANCIENT MYTH初期の代表曲だったのですが、長年お蔵入りしていたものを、今回ようやく音源化できるということで、特にオケのアレンジにはこだわりました。「前向きさ」を表現したかったので、聴いていると気持ちが明るくなる曲になったと思います(ただし、歌詞は決して明るいものではないのですが…)。明るく聴きやすいサビと、疾走感のあるイントロが聴きどころですね。